本文へスキップ

TEL. 052-322-5735

〒460-0012 名古屋市中区千代田3-9-14



    HSP効果
    ヒートショックプロテイン
  
 平成25年9月3日(火)当組合会議室にて神藤啓司氏と浴場組合員と懇談会を催しました。
 神藤氏は高校・大学・社会人と野球選手として活躍され26歳で現役を引退。現在は「アスリート
 の一生を通した幸せを追及する」コンサルティング企業 サン・アスリート(株)の代表取締役。


 代謝と免疫力を高める HSP効果

 神藤氏は、「高血圧など持病のある方や高齢者の方は無理をしないでほしいが、健常なかた向け
 入浴法を研究、推奨しています。」 以下がその入浴方法。 (HSPあれこれQ&A)

 
「週に2回、42度のお湯に10分間つかる入浴法。」
 さらに、「家庭のお風呂で熱いお湯にしてもいいのですが、銭湯や温泉に入る方がもっと効果的
 です。お風呂に深さがあってその圧力が体を活性化するのです。例えば、第2の心臓といわれる
 ふくらはぎ≠刺激し、全身の血流が促進されるのです。家庭のお風呂ではふくらはぎに圧力
 がかかりませんからね」と言われる。


 
神藤氏が勧めるのは町の銭湯。「熱い湯と言っても毎回温泉は無理。でも身近な銭湯は安価です」
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「アスリートにはぬる湯を好む人は少ないです。多くは高温深風呂を好みます。そのほうが体調
 が良くなるからです。大事な試合の2日前に熱い風呂に入って、体調を仕上げていきます。高血
 圧など、持病がある方や高齢者の方は無理はしないでほしいですが、アスリートに限らず健常な
 人なら熱いお風呂のほうが元気が出るのです」
 「ぬるいお風呂は代謝が低い体になる原因になります。熱いお風呂に入るほうが健康にいい裏付
 けもあるのです。熱でヒートショックプロティン(HSP)が存在し、このHSPで代謝を高め、
 さらに免疫力を高めることを修文大学・伊藤要子教授が自著『加温生活』などの著書で推奨され
 ています」プロテインとはタンパク質のこと。HSPは体に熱を加えると増加するタンパク質。
 人間の体はタンパク質からできている。HSPはストレスや傷害などで傷ついたタンパク質を修
 復したり、疲労物質を減らしたりする働きがあるそうだ。体を42度に加温するとHSPが増え、
 細胞から元気になる。ただし、入浴後は必ず水分補給をする必要がある。
 伊藤教授は、週に2回、42度のお湯に10分間つかる入浴を提唱している。神藤氏の推奨する
 入浴法もそれと同じ。というのはHSP効果は入浴2日目がピークで、7日で消滅するからです。

 最近では家にお風呂があってもわざわざ銭湯に通う人も増えているという。HSP理論をベース
 にした銭湯の効用などを記した神藤氏の著書『銭湯養生訓』をご覧いただきたい。

                          H25.8.21 東京スポーツ新聞より引用

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                                                                       



入 浴 料 金

平成26年4月1日より
  大人料金が改定されました

   愛知県下統一料金です

大人(中学生以上の方)   420円
中人(小学生の方)     150円
小人(学校へ入る前の方)   70円

便利でお得な入浴券(有効期限付き)
大人(10枚)      3900円


有効期限の記載のない入浴券は 平成24年12月
31日をもって終了とさせていただきました